お墓の引越し(改葬)

ホーム > 霊園 > お墓の引越し(改葬)

遠方の墓地を身近な地域に移して供養する、お墓の引越し(改葬)をご紹介します。各種届出、手続きは、こちらをご覧ください。

お墓の引越し(改葬)の背景

故郷のお墓をご自宅近くで供養する

進学・就職・結婚などを理由に、故郷を離れ、今のお住まいが第二の故郷となったご家庭は大変多くいらっしゃいます。それに伴い、先祖のお墓が遠方で供養できないと、お墓の維持管理の問題が表面化しています。この問題の解決策として、「お墓の引越し(改葬)」があります。
お墓の引越しは、お墓を現在お住まいの近くに移してご供養する方法です。現代社会の実情として、お墓の引越しのニーズが高まっています。

豆知識:お墓の引越し(改葬)とは?

お墓を移すことを「改葬」といいます。
改葬を行うには、現在遺骨が埋蔵(埋葬)されている市町村に改葬の申請を行い、改葬許可を受けなければなりません。

法律的な事務手続きについて

お墓の引越し(改葬)は「墓地・埋葬等に関する法律(以下墓埋法と称す)」の規定に従った手続きが必要です。手続きの流れは、以下のとおりです。

1.新規墓地の確保と受け入れ証明書の発行

移転先の確保として、新しいお墓を新規に購入します。そのお墓の管理者に「受け入れ証明書」の交付を受けます。

2.埋葬証明書の発行

故郷のお墓の管理者から「埋葬証明書」の交付を受けます。

3.改葬許可証の発行

これら2つの証明書を持参のうえ、故郷のお墓がある役所(戸籍課や住民課など)で「改葬許可申請書」に必要事項を記入し、先の2つの証明書を添えて提出し「改葬許可証」の交付を受けます。

4.埋葬許可の承認

この改葬許可証を新規のお墓の管理者に提出することによって、改葬する遺骨を新規のお墓へ埋蔵(埋葬)することが可能になります。

故郷のお墓でおこなう供養について

埋蔵(埋葬)されている遺骨を引き上げる際は、僧侶に「お魂抜き(閉魂供養)」をしていただきます。
お魂抜き(閉魂供養)は、お墓から仏心を抜き、墓石を元の石に戻す大切な儀式です。墓前での僧侶の読経を中心とした比較的簡素な儀式で、身内でおこないます。
お魂抜き(閉魂供養)の後、遺骨を納骨棺より引き上げ、既存の墓石は撤去処分します。新しいお墓に戒名・法名・俗名、没年月日などを改めて彫刻する場合は、墓石を撤去処分する前に彫刻されている文字の確認が必要です。彫刻文字が読み取れない場合は、そのお墓の管理者に確認しましょう。

新規のお墓でおこなう供養について

改葬する遺骨を埋蔵(埋葬)する際は、僧侶に「お魂入れ(開眼供養)」していただきます。
お魂入れ(開眼供養)は、お魂抜き(閉魂供養)と正反対の儀式で、石に仏心を入魂する法要です。最近は遺骨を納骨する当日に「納骨供養」と同時におこなうことが多いようです。
なお、納骨の当日までに、新しいお墓へ埋蔵する遺骨(故人)の戒名・法名・俗名、没年月日などを墓石や墓誌に彫刻しておきましょう。

※ 墓石への彫刻は、墓石の建墓工事のときに依頼します

ページ上部へ

お墓の引越し(改葬)の手順

お墓の引越し(改葬)の手順

改葬の手引きプレゼント実施中

改葬の手引きプレゼント実施中

お墓の引越しをご検討されている方に、改葬の心得が満載された小冊子改葬の手引きをもれなくプレゼントいたします。 ご希望の方は、資料請求よりご応募ください。

資料請求フォームへ

霊園
地域から探す地図から探すこだわり条件から探すお墓を選ぶときの注意
お墓の引越し(改葬)
ページ上部へ

お問い合わせ・資料請求